GooGhywoiu9839t543j0s7543uw1 - pls add sip.emusen@gmail.com to GA account 98286857 with ‘Manage Users and Edit’ permissions - date 2017/11/28

e-無線.jp

トランシーバー、インカム、無線機の販売ならe-無線.jpへ

無線機カテゴリ一覧

レンタル無線をお探しなら

▲レンタル用無線機はコチラ

中古無線機をお探しなら

▲中古無線機の販売

無料通信テストについて

▲導入前の電波テストが無料

中継器について

▲中継器で通信エリアを広げよう

修理・メンテナンスについて

▲無線機の修理・メンテナンス

Q&A

▲よくあるご質問をまとめました

用語集ページへのリンクバナー

▲無線機用語、解説します!

 

無線コラム


 
HOME»  アナログ簡易無線機をおつかいのお客様へ

アナログ簡易無線機

■アナログ簡易業務用無線機は2022年(平成34年)12月1日 以降ご使用になれません

簡易無線のデジタル化に伴い、アナログの300MHz帯と400MHz帯の周波数を使用した無線機は
2022年(平成34年)11月30日をもって使用できなくなります。
※2022年(平成34年)12月1日以降にアナログ周波数での通信を行うと、電波法により処罰の
対象となります。

ひきつづき簡易無線機を使用される場合は、デジタル簡易無線機への切替えが必要となります。

 アナログ無線

■なぜデジタル化にするのか

電波の有効利用がおもな目的です。
電波は携帯電話、テレビ・ラジオ放送、消防・救急無線、鉄道無線など、様々な用途で
利用されていますが、 一定の周波数内での使用が法律で義務づけられています。
今後も、データ伝送等で電波の利用ニーズが高まることが想定されることから、電波の
有効利用を促進=デジタル化が必要となります。
デジタル化をすれば、周波数帯を細分化できるため、チャンネル数をより増やして多くの人
たちが利用することが可能になります。
 

電波

■デジタル化のメリット

デジタル化のメリットとして以下が挙げられます。
・アナログに比べてクリアな音質です。
・秘話コードを付加して暗号化をするため、より秘匿性の高い通信ができます。
・アナログに比べ、混信の可能性が少ないです。
・1つのチャンネルの使用周波数帯域が少ないため、アナログ無線機よりも多くの
   チャンネルを設けることができます。

アナログ簡易無線機からデジタルへ